FC2ブログ
2011-04-29 23:50 | カテゴリ:映画・美術
ここがパンダがやってきた!!と言う噂の・・・
上野動物園

でも、ここは素通りをしまして



女子友・・・こちらへ行ってまいりました


「香り かぐわしき名宝」展
http://kaori.exhn.jp/viewpoint/index.html
@東京藝術大学大学美術館


最近は、喉がイガイガしてしまうことがあって
お香はかいでいません(^^:)

でも、香りは大好きです


パンフレットより、ちょっと紹介しますね

6世紀、仏教伝来とともに日本人は香木を焚くことを知りました。
以来、日本では「香り」を仏教文化、貴族文化、武家文化、庶民文化の中ではぐくみ、
世界に稀な香りの文化を生み出してきました。

本展覧会は、香りにまつわるさまざまな美術作品を紹介しながら、
目に見えない香りの魅力を、人間の五感や想像力を頼りに味わっていただこうというものです。

本展は、「香りの日本文化」「香道と香りの道具」「絵画の香り」という大きく3つの柱で構成されます。

「香りの日本文化」は2章にわけて、
古代から近代までの日本人と香りとのかかわりを名宝の数々を通じて概観します。

「香道と香りの道具」では室町時代以降、茶道、華道とともに独特な発展をとげた香道の世界を選りすぐった香道具を中心に史料を交えて紹介します。
そして、「絵画の香り」では、江戸から近代にかけての絵画作品の中から、<描かれた香り>をテーマに精選した名作を展示いたします。

以上

香り



香木を聞き分け、皆でなんの香木かを当てっこするお遊びみたいなものが
あったんですね?初めて知りました。



さまざまな香炉が展示されていたり、絵画・仏像等が展示されていて
見ごたえがありましたよ(^^)




演劇の公演とかで進行表のことを
「香盤表」とか「香盤」って言うのですが
役者の名前とか、どのシーンでどの俳優や道具が登場するのか・・・
といったことが一目でわかるようになっているものです。



調べてみたら
「香盤」は、仏教の世界からきた言葉だそう。
香盤とは、お線香を立てる台のことで、
演劇の香盤表も升目になっているのですが、
出番のシーンに丸が書いてあります。

つまり、升目の中に丸がある様子が似ていたことから
「香盤」と呼ばれるようになった様です。





またまた勉強になりました


あ~・・・白檀の香り、落ち着きますよね。
秘密

トラックバックURL
→http://hironoy.blog81.fc2.com/tb.php/1722-461d261f