2014-09-09 10:10 | カテゴリ:お料理
おはようございます

中秋の名月、昨日は東京見えなかったですが、きょうはお月様見えそうですね



ところで
南会津で食べた
会津ならではの食べものをご紹介




会津の郷土料理

「棒鱈煮」


幕末の会津藩主が
京都の守護職を終えた時
海老芋と棒鱈を炊き合わせた京料理の
「芋棒」という料理を持ち帰り
会津で「棒たら煮」を作らせたのが始まりと言われています。



元は、生の鱈をカラカラに干したもので、保存食です

会津は山奥なので海のお魚は貴重でしたからね。




その乾燥した棒たらを
お水を変えながら2日位お水につけて戻してからお料理します。


お醤油・お砂糖・みりん・水・お酒等入れて
長時間煮上げたもので、手間がかかる料理なのです

骨まで食べれる!




こちらは、近所のマチ子さんの作ったお野菜のお漬物を頂き
私が上手にカットしました(笑)







そしてこちら

なんと
くっくっくまー「熊のお肉」

ワイルドでしょー⁈


こちらは父親が料理。
生姜とニラを加えて



熊ですよ?熊。
知り合いに、マタギの人がいるみたいで
おすそ分けして貰ったらしい




はいっ、すすめられたので
これも経験かと食べました




味は思った程の臭みはありませんでしたが、ちょっと噛みごたえがある感じ。



そして父親がお世話になってる
地域の皆様が集まってるお宅にお呼ばれして、こちらも貴重な熊肉の焼肉が出た


写真、こんな中途半端で食べ終わりで申し訳ありませんっ

肉、カラっからだし(^_^;)




こちらは懐かしい、会津では定番
ちぢれ太麺の醤油ラーメン




こちらは、美味しかったから(笑)
おばさんがコーヒーフロートを作ってくれました



と、まあ
東京では味わえないお料理を
ちょこちょこ頂いてきました!


本日はビルの隙間から
夜空を見上げてみましょう


良い1日を~
秘密

トラックバックURL
→http://hironoy.blog81.fc2.com/tb.php/2976-68d962b4